読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日に咲くキミへ。

彼は魂で踊る人だった。 初めて彼を見た時、彼は頭で回ってた。 ヘッドスピン自体、きっと見たことはそれが人生で初めてだったのだと思う。 その時に感じた衝動を未だに忘れたことは無い。 「この人はわたしの目標」 別にヘッドスピンをしたかったわけではな…